専門家監修マリー・ローランサン 絵画・作品の価値・買取相場まとめ

フランス人女性画家・彫刻家の マリー・ローランサン は、パステル調の女性らしい繊細さ、そして柔らかさで日本人にもファンが多い画家だ。そのマリー・ローランサンがかつて残してきた作品は、 現在どのくらいの価値があるのだろうか 。今回は、マリー・ローランサンの絵画・作品の買取相場をまとめてみた。自宅で眠っている作品、壁に飾ったままの作品を手放そうか考えている人は注目だ。
20世紀前半のフランス女性画家で彫刻家のマリー・ローランサンは、 キュビズムの作家 としても知られる。ドイツ人との結婚を機に、第一次世界大戦にはバルセロナでの亡命生活を送っていたが、戦後はフランス・パリに戻り、再び画家として活躍する。
パステル調の色づかいが特徴のマリー・ローランサンの絵画。フェミニンな絵で人気を集め、一躍売れっ子画家となった。マリー・ローランサンに自身の肖像画や自画像を描いてもらうことがパリの貴婦人たちの間でステータスとなっていたほどだ。 華やかで美しい女性が描かれている作品は、マリーローランサンの没後から50年経った今でも、根強いファンがいる 。
1983年には、長野県茅野市の蓼科湖畔に マリー・ローランサン美術館 がローランサンの生誕100年を記念して作られた。しかし1990年代には次第に観光客が減少していき、に閉館となった。
この美術館にはマリーローランサンの作品がおよそ500点以上も収蔵されていた。 現在では世界各地で巡回展示がおこなわれている 。からまでには、東京都内でマリーローランサンの水彩原画12点が特別公開される企画展がおこなわれていた。
キュビスムとは20世紀初めのフランス絵画の一派で、 パブロ・ピカソ と ジョルジュ・ブラック によって創始された。「キュビズム」、「キュービズム」とも呼ばれる。これまで一つの視点から描かれていたものが、あらゆる角度から見て1つの画に収めたのがこのキュビズムという現代美術動向の1つだ。
当時洗濯船というアトリエに参加していたマリーローランサンは、同じ時期に参加していた パブロ・ピカソの絵画に影響され、さらなる絵画のセンスを高めた のだ。パブロ・ピカソもまた、マリー・ローランサンの才能に目を留めていた。その後は、特徴的なパステル調の作風で描くようになり、キュビズムからは脱するようになった。
有名なマリー・ローランサンの作品がこちらだ。詩人アポリネールと離婚後はバイセクシャルを公言していたマリー・ローランサンは、その後ずっと、 フェミニズムを感じさせる女性の絵 を描き続けた。
お昼の人気TV番組 徹子の部屋 には、かつてマリー・ローランサンの絵画が飾られていた。第1回の放送から1990年の24年間と、長期間にわたって飾られ続けていたが、現在は外されている。また、マリー・ローランサンの絵画が飾られているセットの回を再放送する際は、著作権の関係で、絵画にぼかしが入るようになっている。
マリーローランサンの絵画は現在ではいくらくらいの値段価格で買い取ってもらえるのだろうか。絵画買取専門店、メルカリ、ヤフオクの3つを調べてみた。
美術買取では大手の八光堂は、マリーローランサンの買取実績として、「女性像」 125万円 を紹介していた。
ネット上で確認できるマリーローランサンの絵画・作品の買取価格は、広島市の ワールドギャラリー の1店舗のみ確認できた。作品はマリーローランサンのリトグラフ で 115,000円 だ。
多くの絵画買取専門店では買取価格を公表していなかったが、その一方で販売価格は積極的に提示している業者がいた。東京・銀座の おいだ美術 では「ジュディス」が 77,000円 、「舞台稽古」が 77,000円 、「ロザベル」 85,000円 、「兎の家のアリス」 147,000円 、「アリスの眠り」 160,000円 、「歌」が 457,000円 など。
多くの作品が、かなり長期間売りに出されている印象があるが、販売価格から買取相場もなんとなく想像できるだろう。そして、 タイトルによって価値にかなりの差がある ということも合わせてお分かりいただけるだろう。
メルカリは個人間売買の場なので、レプリカが販売されていることもある。低価格で出品されているものは、マリー・ローランサンの絵画のレプリカの可能性が高い。
以前に、「二人の女性」を古物商許可をとっている画廊が73,000円で出品していたことがある。また、 フランス著作権協会 で承認済みの自筆サイン付きの絵画が、サイン付きはやはり価値が高い期待から、売値が高く設定されていた。これらの商品はまだ買い手がついていなかった。 高額の商品はなかなか売りづらい印象 だ。 サン ローラン amazon
全体的に見てもメルカリ同様、購入歴は少なく、個人間売買の場ではマリー・ローランサンのような価値のある絵画は売りにくいことも伺える。もし手元にあるマリー・ローランサンを売りたい場合は、 絵画専門の買取店に依頼をしたほうがスムーズではないだろうか 。
実際にマリー・ローランサンの作品を売る際は、ちょっとしたことで査定額がアップする可能性もある。特に絵画買取専門店では、メルカリやヤフオクのようにこちらで価格を決められない分、 少しの配慮でグンと査定額がアップする ものだ。ここではそのポイントを紹介しよう。
カタログ・レゾネとは、 マリー・ローランサンの全作品の年代や技法、寸法、部数などが記されている総カタログ だ。ここに掲載されているものは、いわばマリー・ローランサンの傑作集ともいえるものだ。これらは高額買取されるケースが多い。ちなみにカタログ・レゾネでは、版画、油彩など製作スタイルに合わせて冊子が分かれている。
マリー・ローランサンの絵画・作品の場合、 贋作 つまりニセモノが出回っていることも多く、本当にマリー・ローランサンの絵画かどうかは、正式な 真贋鑑定 をする必要がある。ただその場合は費用も日数もかかってしまうため、サクッと売りたいという場合には割に合わないだろう。しかしその分、 鑑定書があれば買取評価額も高くなる 。
キャンバス裏面にサイン、枠が付いているものはその枠にもサインがあると高額買取となる。 ”Marie Laurencin” とブロック体で書かれているか、筆記体を崩したサインのどちらかで書かれていることが多い。
サインはマリー・ローランサン本人が書いたものを示すものであるが、実際に本人が書いたかどうかは、サインだけでは素人が判断するのは難しい。上記でもお話しした真贋鑑定が必要である。
マリー・ローランサンの作品が他にもある場合、ぜひまとめて査定に出してみてはいかがだろうか。買取業者では多くの場合、まとめて査定に出すと買取額を何%かアップしてくれることがある。マリー・ローランサンの絵画も、業者によってはまとめて売ることで査定額を上げてくれる可能性がある。査定に出す際は、複数の業者からしっかり見積もりを取り、 まとめて売った場合どこが一番高く買い取ってくれるかしっかり見極めよう 。
版画作品の場合、経年劣化による退色、押入れの奥に長らくしまっておいたものは、日本特有の高温多湿により カビ がついてしまうことがある。白くなっているのはカビの恐れがある。また絵画の場合は、虫食いや焼けなどのリスクもあるので要注意だ。

https://lh3.googleusercontent.com/pw/AM-JKLVgiKjIXRg-Aa-hAxFtPcKT_R7SmB-ITHJA0RJatD57WYGviBQ1qSf3A9kugVp-HzW1mgZt4Sb6w96xUCm3UA1bKUu7DOqOcGakg86JKw9AaCXykPtPoEDe7jWgqeWKPCNuDantNfQXVgsQNA8Wu84=s885-no?authuser=0

長期保管していたマリー・ローランサンの作品を査定に出す場合は、隅から隅までチェックしておこう。そして、 あらかじめキレイにできる場合はなるべくキレイにしておこう 。
総合美術買取センター は、20年以上の経験を持つ各分野の鑑定士が査定しているという。買取方法は宅配もしくは出張買取。取引に納得がいかない場合に、 8日以内であれば返金に対応するクーリングオフ をおこなっている。
ギャラリーリッチ は大阪にある画廊で、絵画の買取もおこなっている。 オークションへの出品代行も実施 しているため、面倒な手続きなしで手持ちの作品を出品することも可能だ。
マリー・ローランサンの絵画も買取と販売の両方をおこなっており、これまで 「女性と犬」「犬と鳥と女」「冠をかぶったミューズ」などを取扱ってきた 。出張エリアは基本的に 大阪 となり、そのほか遠方は問い合わせが必要となる。
絵画の専門的な知識が豊富なArt&new add up シバヤマ は、日本画から洋画、海外作家など多くのジャンルの絵画の取扱いをおこなっている。店内には、ギャラリーも併設されており、様々な作家の作品を楽しめると人気だ。
フランス出身の画家 マリー・ローランサンの作品が豊富で、特にマリー・ローランサンの作品を象徴するリトグラフ技法で描かれた女性画を多く買取・販売しているのが特徴 。マリー・ローランサン作品の需要が高いだけに、高価買取が期待できるかもしれない。依頼する場合、LINEを使った査定後の買取方法は、持ち込みか郵送となる。
おいだ美術 は、先ほど多く販売例を紹介したように、マリー・ローランサンの作品について、 度々展示会なども開催 しており、多数の買取実績がある。
これまで 「花を持つ乙女」「笛を持つ少女」「歌」など、多くのマリー・ローランサンを買取っている ため、安心できそうだ。持ち込み・宅配買取が可能で、LINE査定と合わせて利用できる。出張買取については、要相談だ。
フランスの女性画家であるマリー・ローランサンの絵画の買取価格は大体 数万円〜100,000円前後 が相場という結果になった。絵画買取専門店ではあまり詳細な価格は出していない。ということは競合店同士で買取価格がかなり違うということもあるだろう。
また、マリー・ローランサンは作品の数も多く、もちろんタイトルによって買取価格が変わる。なのでマリー・ローランサンの絵画・作品を査定してもらう場合は、 複数の業者に問い合わせてみるのがいい だろう。 メンズ イヴ サン ローラン
イヴサンローラン