わかりやすく解説オーソライズド・ジェネリックとは 先発医薬品との違いやメリット・デメリットを解説|osablog

オーソライズドジェネリックについて、耳にしたことはあるけどどんなものかよくわからないという方に向けて詳しく解説していきます。
なので、オーソライズド・ジェネリックとは、先発医薬品を製造する製薬会社から 許諾を得て 販売しているジェネリック医薬品のこといいます。
許諾を得ることで、先発医薬品と同じ 添加物 、 製法 を用いて医薬品を作ることが可能になります。
ちなみに、ジェネリック医薬品の場合は有効成分のみが先発医薬品と同一でその他は異なる場合が多いです。
先発医薬品の名前は 「商品名」 といい、先発医薬品を製造した企業がつけたその薬固有の名前になります。
なので、AGやジェネリック医薬品で主に使われる名前は 「一般名」 といい、薬の主成分につけられた名前になります。
商品名は先発医薬品のみ使うことができるので、AGやジェネリック医薬品は名前が異なります。
AGは先発医薬品を製造している会社とは異なる会社が製造しているため、製造する工場や製造に用いる機械が異なる場合があります。 イヴ サン ローラン 613
しかし、異なっていた場合でも国が規定する安全性に関する試験を事前に行っているためほぼ同一の医薬品を作ることが可能です。
原薬を販売している会社はいくつかあるため、購入している会社が異なる場合があります。
中には、 先発医薬品を製造する製薬会社の子会社 がAGを発売している場合があります。
その場合、先発医薬品と同じ製造ラインを用いて作られるため製造工場、製造技術、原薬はすべて同じものが使用されており、異なるのは名称だけになります。
これは先ほども解説した通り、AGは先発医薬品と同じ有効成分、添加物、製造方法で作られているため、ジェネリック医薬品より高い安全性を有しています。
また、製造工場、製造技術、原薬もすべて先発医薬品と同じものが使われているAGの場合は、名前が違うだけで 先発医薬品と同一 といっても過言ではないでしょう。
これは、一般的なジェネリック医薬品と同様に、 開発コストをかけることなく製造 することができるからです。
中には先発医薬品と薬価が同じ場合がありますが、高くなる場合はないので安心してください。 イブ サン ローラン 新作
AGはジェネリック医薬品に比べて病院や薬局が薬を 仕入れる値段が高い ことが多いです。
これは、先発医薬品を製造している会社に許諾を得るための使用料を払っているからです。

しかし、 患者さんがこの代金を負担することはないので、安価にAGを使うことができます 。
先ほど紹介した通り、AGは先発医薬品と 添加物が同じ であり、使われている 量も同一 です。
なので、飲みやすいように錠剤を小さくしたり、カプセルから錠剤に変えたりといった、 添加物の量や種類を変更するようなことができません 。
なので、先発医薬品を使っていて飲みづらさを感じる方は、AGでも同じく飲みづらさを感じてしまうでしょう。
まだまだ知名度は高くありませんが、採用している薬局は徐々に増え始めてきているように感じます。
ただし、AGを発売していない医薬品もあるのでAGを希望する場合は医師や薬剤師に一度相談してみましょう。 イブ サン ローラン 新作
イヴサンローラン