メトロポリタン美術館のファッション展 人の技能とテクノロジーが融合した大物デザイナー達の美しい作品

メトロポリタン美術館 が、今年、最も力を入れていたファッションの特別展 “Manus x Maoriental: Fashion in an Age of Technology” を見に行ってきました。メトロポリタン美術館のファッション部門による、ファッションの特別展は毎回本当に特別感があり、さすが MET だな、とうならせるものがあります。
レイバーデーウィークエンドということで、朝早目に訪れたのですが、久々のメット、なかなかの混み具合でした。6月末までの一年間で、メトロポリタン美術館は、史上最高の入場者数を記録したという ニュース も出ていましたが、大盛況が続いているようです。
“Manus x Maoriental: Fashion in an Age of Technology” は、今春からスタートしたファッションにおける手作業と機械による技術を融合した現代におけるファッションをテーマにした特別展で、歴代のメットの特別展の中でも、2011年に開催されたアレクサンダー・マックイーンの特別展の入場者数を越え、昨年のチャイナをテーマにしたドレス展で記録した入場者数には達しませんでしたが、歴代2番目の入場者数記録を達成したそうです。そんな人気のため特別展期間は延長され、レイバーデーウィークエンドの今週末までとなりました。
メトロポリタン美術館の1階フロア正面から入り、メトロポリタン美術館で最も古いセクションである一番奥のお部屋で行われていました。美術館へ入場後、一目散にこの特別展へと向かいました。途中、中世ヨーロッパ美術の部屋を通り抜け、ワクワクしながら会場へ入っていってみると。。。
みんな感嘆の声をもらします。きらきらと上品に光り輝く黄金のドレス。 イヴ サン ローラン 606 まるで教会にでもいるような真っ白な空間の中央に、神聖さを感じさせる存在感のあるドレス。
昔の作品かと思えば、実は、2014年のKarl Lagerfeldさんの作品で、人間の技能とコンピューターのそれぞれの長所を利用し、450時間もの時間をかけ製作された大作だそうです。
ピンクやホワイトの柔らかいカラーの本当にかわいらしい夢のようなドレス。シャネル、ディオール、イヴ・サン=ローラン、プラダなどなど蒼々たる大物デザイナー、ブランドの個性的な作品が並んでいます。
地下の展示会場も興味深いものがいっぱいです。まるで、デザインスタジオの中を覗き見たような感じです。
それに対してこちらはブラックドレス。立体的なお花のパーツでできているドレスなどハンドメイドのすばらしさを見せつけてくれている作品です。
じゃじゃん、洋服です。Issei Miyake ブランドは、この特別展の中でもひときわ個性を発揮していました。
3D プリンターで作られたドレス。骨のデザインなど、3D プリンターを利用し、製作された個性的なドレスもいろいろありました。

https://lh3.googleusercontent.com/pw/AM-JKLVgiKjIXRg-Aa-hAxFtPcKT_R7SmB-ITHJA0RJatD57WYGviBQ1qSf3A9kugVp-HzW1mgZt4Sb6w96xUCm3UA1bKUu7DOqOcGakg86JKw9AaCXykPtPoEDe7jWgqeWKPCNuDantNfQXVgsQNA8Wu84=s885-no?authuser=0

これこそ未来のドレス。かぱっとドレスの中に人間が入り込み、マシンのようにすーっと移動していくドレス。ファッションショーの舞台映像がなかなかおもしろいものでした。実用性はともかくアイデアが面白いですね。
ギフトショップもこの特別展ならではの珍しい品揃えです。 ysl ワンピース
イヴサンローラン