映画『イヴ・サンローラン』

「”フランスの国宝”とも言われる天才デザイナー、イヴ・サンローランの生涯を美しく描いた映画」という予想を見事に覆すような、ゲイカップルの「ありのまま」を描ききったスゴい作品でした。
2011年公開のドキュメンタリー映画『      イヴを演じたピエール・レニがマジ本人にソックリ!ということで本国で話題騒然だそうですが、ピエール・ベルジェを演じたのが『不機嫌なママにメルシィ! イブ サン ローラン と は 』のギヨーム・ガリエンヌであるというところもまた、見どころです。ぜひ、合わせてご覧になってください。 『 イヴ・サンローラン 』 Yves Saint Laurent 2014年/フランス/配給:KADOKAWA/監督:ジャリル・レスペール/出演: 617 イブ サン ローラン

映画『イヴ・サンローラン』映画『イヴ・サンローラン』
イヴサンローラン

フランス映画『イヴ・サンローラン』 イヴサンローラン

Titre joelçais Salle de cinéma: 角川シネマ有楽町、新宿武蔵野館、シネマライズ他全国ロードショー Site officiel: sl-impression.jp/
ファッションデザイナー、イヴ・サンローランのキャリアと人生の光と影を描いた伝記映画。 1953年、パリ。21歳の新進デザイナー、イヴ・サンローランは、クリスチャン・ディオールの死後、後継者として指名され一躍世界の注目を集める。その若き天才は、初めてのコレクションを大成功させ、衝撃的なデビューを飾る。その才能に惹かれた26歳のピエール・ベルジェは、ディナーの席でイヴに出会い、たちまち恋に落ちる。ベルジェはイヴをデザイナーとして独立させ、イヴ・サンローラン社を設立。そしてその関係は、二人の運命を大きく変えたばかりでなく、世界のファッションの歴史を変えることにる。しかしその一方で、表現者ゆえの孤独とプレッシャーに苦しみ、イヴは薬物やアルコールに依存するようになっていく……。 イヴ・サンローランに瓜二つと言われているフランスの新星、ピエール・ニネの演技と、本物の衣装で飾られた映像が必見です。

フランス映画『イヴ・サンローラン』 イヴサンローラン
フランス映画『イヴ・サンローラン』 イヴサンローラン
イヴサンローラン

映画イヴ・サン・ローラン

YSLが認識された最近の出来事は、宝島社から販売された雑誌の付録としてのバッグだった。今でこそ付録付き雑誌は当たり前だが当時はそのアイテムの先駆けで、しかもあのYSLが雑誌を買えばタダで貰える、ということに世の女性たちは驚愕し売れ切れ続出だったと記憶している。それ以前は化粧品でこそ名を馳せていたけれども服飾品では泣かず飛ばずで贈答品のタオルなどが出回っているだけの、ヒット作も無くブランドとしては停滞していたと記憶している。宝島社の付録の快進撃から衝撃的な広告で物議を醸し出すまで数年あったのだろうか。女性の脚の強調されたエロ的要素満載の広告が至る所に出回り、規制をかけるかけないで話題になった。 イヴ サン ローラン の 化粧品
話題になればその時点で広告としては成功している。YSLはサンローランとして、名を変え新生ブランドとして息を吹き返した。そしておそらく、満を辞しての映画作成だ。
midori_bright whiteさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか? yves saint laurent 服

https://lh3.googleusercontent.com/pw/AM-JKLVgiKjIXRg-Aa-hAxFtPcKT_R7SmB-ITHJA0RJatD57WYGviBQ1qSf3A9kugVp-HzW1mgZt4Sb6w96xUCm3UA1bKUu7DOqOcGakg86JKw9AaCXykPtPoEDe7jWgqeWKPCNuDantNfQXVgsQNA8Wu84=s885-no?authuser=0

イヴサンローラン