YSL 2011秋の初期婦人服シリーズ:色っぽい 煌亮金属

1970年代のYSL服をモチーフに、1977年のオリジナル高級オーダーメイド服シリーズをモチーフに、オリエンタルカラーを一堂に集めて2011年秋の女性服シリーズを制作しました。
プリントと精巧な東方宮廷服の細部を復刻して、豊富な皮革と皮で飾りを付けて、シリーズにきらびやかで貴い雰囲気を添えさせます。
黒と金はYves Saint Laurentのクラシックな色調であり、この不朽の組み合わせは各デザインの基幹色調であり、独特の刺繍の模様と金色の束辺を加えて、華麗な雰囲気を漂わせています。アクセサリーも金色の装飾と金属の色調を重点としています。
昔のブランドの経典から启迪を持ってきて、再度にウワバミの皮のプリントと质感のウワバミの织目を选んで服のデザインに用います。ハンドバック、靴の履、マフラーと宝石のデザインは同じ概念に由来しています。
YSL 2011秋の婦人服シリーズは多様なデザインを提供しており、有名なle-smankingスーツ、ナイトウェア、コートを新たに演出します。 ysl 服
上着の細部と飾り付けは広くおおらかで華麗なキツネの皮とテンの皮を使って飾ります。例えば、袖、袖、襟と裾、帽子と手袋などです。
新しい手提げ袋のデザインは多種の貴重な皮革を採用しています。ウワバミの皮、ハダチョウの皮、手描きでダチョウの爪の紋様のスエードの牛革、凹凸のある光沢のある表面の水牛革、セーム革及び子羊の皮を含みます。
目を奪う色合いは一貫して深い色調の早秋シリーズで、沈滞感を打破して、牡丹の赤、色彩の青、葉緑、タバコの褐色と灰。

https://lh3.googleusercontent.com/pw/AM-JKLVgiKjIXRg-Aa-hAxFtPcKT_R7SmB-ITHJA0RJatD57WYGviBQ1qSf3A9kugVp-HzW1mgZt4Sb6w96xUCm3UA1bKUu7DOqOcGakg86JKw9AaCXykPtPoEDe7jWgqeWKPCNuDantNfQXVgsQNA8Wu84=s885-no?authuser=0

下流では織造、加弾企業では洗浄糸の保有量が足りないうえ、月末には多少なりとも在庫購入の需要があります。
私たちについて | 公式サイト | 広告サービス | 相互リンク | 会員サービス
イヴサンローラン