サン・ローラン(Yves Saint

フランスの服飾デザイナー。 アルジェリア の オラン に生まれる。17歳のとき国際羊毛事務局主催のデザイン・コンテストで優勝。翌年『 ヴォーグ 』の編集者から紹介された ディオール に即刻採用され同店で働く。ディオールの 急死 により主任デザイナーの地位につき、「トラペーズ・ライン」で大成功を収めた。 兵役 ののち、1962年に彼自身の店を開く。以後、アートをファッションに取り入れたモンドリアン・ドレスやポップ・アート・ドレス、シースルー・ルック、女性のパンツ・ルックが市民権を得ることになったシティ・パンツ、男女の衣服の垣根を取り払ったサファリ・ルックやブレザー・ルック、バレエ・リュスに影響を受けたコスチューム・ルックなど話題作を次々に発表し、エレガンスに新しい解釈を与えた。1966年にはファッションの大衆化をいち早く見通し、既製服店「サン・ローラン・リブゴーシュ」を開店。 いぶ さん ろ ー 彼は独創的なファッションの創造者というより、時代が求めるファッションの方向性を的確にとらえる卓抜した才能をもち、パリ・ オートクチュール を代表する存在というだけでなく、20世紀のファッションに大きな功績を残している。2002年引退を表明した。
『アリス・ローソーン著、深井晃子監訳『イヴ・サンローラン 喝采と孤独の間で』』 ▽ 『川島ルミ子著『Yves Saint Laurent The starting of a history 1936~2000』』
主権は国民にあるとする国家原理。国家の統治のあり方を究極的に決定する権威ないし力が国民にあるとし,国民主権とまったく同じ意味で人民主権ということもあるが,後者には限定された特殊な用法もある。君主主権に…
Copyright © DIGITALIO, Inc. All legal rights let go of.

イヴサンローラン

Yves Saint

[1936~2008]フランスの服飾デザイナー。 クリスチャン=ディオール の主任デザイナーを経て1962年に自身のブランドを設立し、世界のモード界をリードした。映画「昼顔」などで、女優カトリーヌ=ドヌーブの衣装を担当したことでも知られる。
モードかつエレガントでかっこいい大人の象徴は、いつかは手にしたい憧れのブランド。 サン ローラン と は 今回は サンローラン の「上品バッグ」をご紹介します。コーデの格が上がる サンローラン のバッグは、デイリースタイルからオケージョンまで大活躍しそう。ぜひチェックしてみてください。
gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。 イヴ サン ローラン ミラー プレゼント

https://lh3.googleusercontent.com/pw/AM-JKLVgiKjIXRg-Aa-hAxFtPcKT_R7SmB-ITHJA0RJatD57WYGviBQ1qSf3A9kugVp-HzW1mgZt4Sb6w96xUCm3UA1bKUu7DOqOcGakg86JKw9AaCXykPtPoEDe7jWgqeWKPCNuDantNfQXVgsQNA8Wu84=s885-no?authuser=0

イヴサンローラン

イヴ・サンローラン(Yves Saint

トップページ 服飾/宝飾系デザイナー名鑑 ファッション誌関連用語 高級ブランド情報
1936年、当時フランス領であった北アフリカの国・アルジェリアにて誕生。   その後、フランスに渡った彼は1954年、 インターナショナル・ウールマークプライズの前身大会にて 前年度のバレンティノ・ガラヴァーニに続き、 ドイツ出身のカール・ラガーフェルドと共にウィナーとなり、脚光を浴びる。   翌1955年からは創業者が存命であったクリスチャン・ディオールに入り、 10代後半の若さでトップメゾンにて活躍し始める。   そんな中、1957年に創業者のディオール氏が若くして亡くなると、 類まれなる才能をもつ彼は21歳という若さで2代目デザイナーに指名される。 そこから数年間に渡り、ディオールの後継者として活動していたが、 兵役が要因となり、職務から離れる事になった。
ディオールにおける職を失い、 軍隊からも失格の烙印を押されて失意の中にいたイヴ。   そんな中で、1958年に出会った6歳年上のパートナー、 ピエール・ベルジェのプロデュースの下で、 1961年に「イヴ・サンローラン」という自身のブランドを設立。   そして、1962年から本格的に活動しはじめると、 イヴのデザイナーとしての才能と ピエールのビジネスセンスにより、ブランドの規模は急成長。   1965年には「モンドリアン・ルック」という 独特な幾何学模様の作品を発表した。   1969年にはレディースに続いてメンズにも進出。 サン ローラン と は   1970年代に入ると時代はオートクチュールからプレタポルテへと映る中、 イタリア生まれのピエール・カルダン、 日本からやって来た高田賢三などと共にプレタポルテ事業も積極的に展開し、 パリそして世界を代表するデザイナーへと成長。   1970年代のうちにピエール・ベルジェとの恋人としての関係には 終止符が打たれたと言われるが、 それ以降もビジネスパートナーとしての関係は継続。   そして、ベルジェのプロデュースのもとで、イヴはますます輝きを増していった。
1990年代に入ってもライバルのカール・ラガーフェルドなどと共に トップデザイナーとして活躍していたイヴながら、 1996年に還暦を迎えたのち、ギラロッシュのデザイナーとして 活躍していた当時30代半ばのアルベール・エルバスを プレタポルテラインの後継者に指名し、 パリコレにおいてプレタポルテのデザイナーからは引退。     プレタポルテから引退してからも数年に渡って パリコレのオートクチュール部門にはデザイナーとして参加していたイヴ。   しかし2002年1月開催の2001-02秋冬シーズンのパリコレをもって オートクチュールの世界からも引退する事を発表。 そして2002年1月に盛大なラストショーを開催して表舞台から姿を消した。
引退から6年半後の2008年6月、 パリ市内の病院で死去し、71年の生涯に幕を下ろした。   死後、彼の偉大さは時が経つごとに大きくなっていき、 彼に関連する映画が公開されるなど、 死後も忘れさられる事なく、存在感を増し続けている。   なお、イヴが死んでから関連するドキュメント映画に出演するなど ブランドのイメージアップ/マネージメントに尽力してきた ビジネスパートナーのピエール・ベルジェは、 2017年秋に86歳で死去。 高島屋 イブ サン ローラン

https://lh3.googleusercontent.com/pw/AM-JKLVgiKjIXRg-Aa-hAxFtPcKT_R7SmB-ITHJA0RJatD57WYGviBQ1qSf3A9kugVp-HzW1mgZt4Sb6w96xUCm3UA1bKUu7DOqOcGakg86JKw9AaCXykPtPoEDe7jWgqeWKPCNuDantNfQXVgsQNA8Wu84=s885-no?authuser=0

イヴサンローラン